自分らしさを取り戻す20代女性の天体と歩む日々

25歳独身女性独身。人の目を気にせず自分らしく自然に生きたい。親との関係やパートナーとのコミュニケーションもうまくいかない、仕事も続かない。様々な悩みから抜け出すことを天体の動きと共に試みます

瞑想を通して自分らしさを取り戻す

瞑想の効果

瞑想を通して自分自身をクリアリングすることができます。

いそがしい毎日の中で、自分に向けて意識を集中するだけでも大切な時間です。

瞑想って何を考えるの?と思うかもしれません。

しかし、考えないことが瞑想のポイントです。

瞑想をしようと目をつぶり自分に集中しようとすると思考が働きます。

考えないようにしようと思っても、浮かんでくるんですよね。

その浮かんでくる言葉や感情に気付くだけでも、自分を内観する大事な時間です。

 

普段日常で、自分自身を乱す澱はどんどんたまる一方なんですよね。

道でおじさんにぶつかられたとか、そういった小さいことからも溜まっていきます。

それを意識的にクリアにする行為が瞑想なんです。

 

呼吸内観法

自分の呼吸に集中すること。

瞑想の1つの方法です。

呼吸は自然に起こっています。

そして実は不安だと呼吸が浅くなったり、イライラすると乱れたりしています。

その自分の心に連動して変わる呼吸を、瞑想によって意識を向けます。

そうすると心に作用して自分から不安やイライラが抜けていって純粋な自分に戻る。

知らず知らずのうちにたまった思考が出てきて、不安が抜けていくかと思います。

 

呼吸に集中するというのは息をすることを意識することでできます。

空気が鼻孔を通り肺や胸を通ることを感じてみます。

肺を通った空気は酸素として取り込まれ、全身をめぐります。

その感覚に浸るのです。

 

ですが、なかなか集中できるものじゃないし、雑念も出てきますよね。

それに対する対策が3つあります。

 

集中して瞑想するための3ステップ

集中して瞑想するためのコツはまずはこちらです。

 

1 受け入れる=あきらめる

心から雑念が浮かんでくることを受け入れることです。

妄想したり、イライラが出たり、ほかに意識が行くことがあっても受け入れます。

瞑想中に出てくるそれは普段は気にしないようにしているカルマやトラウマです。

自分自身をクリアするために出して、浄化しないといけないものが出てきてるってことで、集中できていないからだめだー!ってものじゃないってことなんですね。

だから出てくるものを受け入れてしまいましょう

 

2 ありがとうという

受け入れたカルマやトラウマに「ありがとう」と感じます。

出てきた思考やイライラはあなたがクリアにすべき澱ですし、クリアになるために瞑想中に出てきてくれたわけです。したがってそれに「ありがとう」とむけることで出てきたトラウマやカルマは無事に浄化されるんですね。

浄化の機会をありがとう、浄化に出てきてくれてありがとうと思うようにすることができたらいいなと思います。

すぐには出来ることじゃないから、何度も続けていくことですね。

 

3 意識的呼吸をする

受け入れて、ありがとうと否定せずにいて、そして呼吸に集中します。

自分の心を否定せずにありがとうで浄化することをして、さらにクリアなこころを運ぶ集中した呼吸をすることで、思考やこころがポジティブになるんです。

そもそも、ネガティブなことを考えてしまうことは人間の通常運転なんですね。

それをクリアにするだけでポジティブで綺麗な状態になるということなんですね。

 

 

 

 

いかがでしたか?

瞑想の方法はもっと詳しく、わかりやすく森野さんの講座で解説されています。

瞑想の説明動画は穏やかで動画を見ているだけで眠くなってきてしまいます(笑)

クリアなことを考えられる自分が本来の自分だと思えるように、瞑想の訓練をしようと思います。

お金とお水は同じもの?その共通点とは・・・

自分らしい生き方を探る

 

自分らしいってなんだろう?

ドツボにはまることは多い。

ネガティブだったり疲れていたり悩んでいたり

それが自分らしさかと思うと首を振りたい。

純粋に明るく賢くはつらつとしたわたしもいるはずだ。

だって子どものころはいたのだから。

 

今は縮こまっていて

悩みばかり考える自分がいるかもしれないが

純粋な自分の部分も前に出てきて欲しいと思う。

 

悩んだ分だけ、ほかの人に共感できる深みが出てくるから

今は深みを出している時間なんだと思えばいい。

お茶にも蒸らしの時間は必要。

どうしてお茶かというと、私が静岡県民だからです笑

 

しかし、ぼんやりしていると

ずっと蒸らし続けて苦いだけのお茶になってしまう。

深みを出す時間は終わりにするために

私は今自分らしさを取り戻すために星詠みの講座を取っている。

 

今日の講座の内容は「お金とお水」

 

 

 

「お金」の役割は?

 

お金は必要なもの、です。

そうですね、それがないと困ったことになる。

 

お金は、あるとできることの範囲が増えるもの、です。

確かに。お金のあるなしでハワイに行けるかどうか変わります。

 

ただ、お金は得ようとすると

なんだか抵抗感が生まれる人が多い。

 

同じように必要なものであり

あると出来る範囲が増えるものとして

「服」があります。

 

服を選ぶの楽しい、

あることでできるお洒落の範囲も広がります。

 

でもどうしてか

服を増やそうとするときには

お金を増やそうとするときの抵抗感が生まれません。

 

ではどうしてお金を得ようとすることに

抵抗感が生まれるのでしょうか?

 

「お金」と「お水」の心に与える作用は同じ

 

同じように人間にとって必要なものとして

お水が挙げられます。

そしてお水がないことが

人の心に与える作用は

お金がないときと同じ効果を生み出すのだと。

 

お水もお金もないと生きられません。

そしてその二つがないと

人の心に「飢え」をもたらすのです。

 

人は飢えを感じ、経験してしまうと

それを渇望するようになります。

 

そんな時に

飢えを満たしてくれる人がいると

その人の言うことを

何でも信じてしまうようになります。

 

飢えを満たしてくれる人を知り

自分で飢えを満たせないと感じてしまい

無意識レベルで根本から

自分には稼ぐ力や自立する力がないと

思うようになってしまうのです。

 

一度子育てのために専業主婦になった人が

配偶者の収入によって生きることをして

知らない間にもう自分には稼ぐ力がないと

心から思ってしまうということも多いです。

 

この稼ぐ力ないというのは

子どもがいて、家事があって、という

実際の状況があってもなくても

そう思い込んでしまうようになるそう。

 

お金と自分らしさの両立

 

自分らしい、自分自身を生きたいと思うときに

お金という生きる上で必要なものに対して

飢餓の状態でいたり、抵抗を感じる状態でいては

精神的ブロックが大きくなってしまうと思います。

自分を生きるって、自立した精神でいることと同義。

収入的に配偶者に任せる状態であるとか

自分でフルタイムで働いているとか関係なしに

自分はいつでも働ける、収入を得るという

気概を持っていられることだけでも

それ自体が自立につながります。

 

そのことを星詠みの講座の講師である森野さんは

「生計感覚を身に着ける」と表現していますが

これはまさに家庭を持った女性も独身女性もつけていきたいもの。

もちろん私もこれを身に着けるべく学びを深めている。

 

私は私を満足させるために

いつでも自分の能力を使える

 

そんな思いが確固たる自信として

自分の中にあればそれだけで

まわりにおもねることや卑屈になることなく

毅然として自分自身を生きること

つまり、自分らしく生きれるんじゃないかと思います。

 

 

自分らしさの感覚を金星のワークから

自分らしさを天体と共に

 自分らしく生きたいと願うとき、立ち止まってしまうのは

「自分らしい」って何?ってことです。

とにかく今の自分が生きづらかったり、

周りが気になって仕方なかったり、

よく思われようと偽ったり、

そういう状態が

「自分らしくない」というのが分かっても、

自分らしい状態はなかなかつかめない。

 

本来の自分は純粋に自分を保っていて

自己肯定感にあふれているものです。

どんな人も最初の生まれた時はそうだったのです。

 

他者を誉めたり、認めたり

不安や恐れや嫉妬、劣等感などの

自己否定の感覚がだんだんと身についてしまって

そのはがし方がわからなくなってしまうのです。

 

本来の自分を取り戻したら

もっと軽やかにもっとキラキラと

他者に遠慮することなく自然に接することができるはず。

 

 

 そんな「自分らしさ」を取り戻すことを

星詠みの講座と共に進めています。

 

 

 

イメージをすることで感覚を取り戻す

 

頭で考えることをしすぎると

自分らしさは失われていきます。

損得や他人軸が組み込まれて

自分がしたいことや自分自身で生きることが

出来なくなっていってしまいます。

それを感じること

本来の自分が思っていることや

望んでいること、純粋なあなた自身の気持ちに

触れていく練習ができます。

その感じることの練習を星詠みの講座では

瞑想を通してだったり、

星のイメージをすることで

鍛えていきます。

 

さて、今日のイメージの練習は

「金星」のイメージ

 

 

「金星」の一般的な意味は?

 

金星の意味

五感

所有

歓び・楽しみ・豊かさ

芸術・美

恋人・愛人・妻

女性性

 

さて、意味をリストアップしたところで

この金星のイメージを膨らませていきます。

人や物、場所、シチュエーション何でもありです。

抽象的なものを頭の中で具体化していくことや

正解のないものを形作ることが

感覚を取り戻す訓練につながるそうです。

 

金星の自分なりのイメージは?

ルーヴル美術館のヴィーナス像

(パリに行って見たとき、あまりの曲線美に見とれました)

家庭的

専業主婦

新婚

髪の毛

金色、紅、

ブドウ

ダンス

秋、紅葉、黄葉

セザンヌの絵

ヘルマン・ヘッセ

レンガの家

 

 

イメージをしてみて

ブログをお読みのあなたもやってみましたか?

いくつかの単語からイメージを膨らませました。

最初に思いついたヴィーナスから

ヨーロッパ旅行のことを思い出して

そのころの記憶がドバッとあふれ出しました。

楽しかったこと、驚いたこと、新鮮だったこと

それらの記憶が刺激されることで

感情が思い出されて、その楽しい感情は

紛れもなく誰に強要されたわけでもない

「自分らしい」感覚だったと思います。

自分らしいって、正解も不正解もなく

誰かの顔色をうかがうものでもなく

私がこう感じる、こうだと思う、

そういうことを大事にすることで出てくるんだなって

今日の金星のワークを通して思いました。

それに5感なんて金星の意味そのものだしね。

 

今日も善い日を、

ありがとうございます。

 

自分らしく生きることと日食の獅子座新月

自分らしく生きる生き方の実践で

天体の動きと実際の行動が連動することを知りました

 

 

宇宙と繋がることでより

自分らしく生きられるヒントを得られます。

 

 

本当はこうしたいってことたくさんあります。

 

こうなりたいのにこうできない。

そう思うことは何でも自分らしさを我慢していること。

我慢していることの裏返しに

自分の望みがあって、自分らしさが底にある。

 

自分の望みを見つけることが

自分らしさを取り戻すってことじゃないかしら。

 

 

我慢していることと言えばなんだろう?

こうなったらいいのにって思うことは何だろう?

 

考えてみると出てくるはず。

 

・家賃を気にせず素敵なお家に住む

・将来が明るい素敵なパートナーに出会う

・家族が良い話題を共有して笑いあえる

・素敵なあの服を買う

・人間関係が良好な職場で

やりがいのある、

心から喜べる仕事をする

・欲しいと思ったものをすぐ何でも買ってしまえる

 

 

 

出てきたら

本気で願ってみる。

どうせ無理とか、どうやってとかは

わきに置いておいて

こうなったら最高!って思うことを描いてみる

 

それをするのに今日は実はぴったりなんです。

 

今日は2018年8月11日です

獅子座の新月の日です。

また日食も重なる日でもあります。

 

 

満月・新月の日に願いをすると

その願いのエネルギーはいち早く広がって届き

現実にもたらしてくれます

 

 

 

だから私は半年ほど前から

満月、新月の時はかかさず

自分の願いを紙に書き出す

パワーウィッシュを行っています。

 

 

 

 

お願い事って

「~なりますように」

って表現をすることが多いのだけれど

叶うパワーウィッシュの書き方があります。

新月の時には

願いが叶うことを「意図します」と表現します

 

 

この「意図します」が

願いを守ってバリアにくるんでくれるのだそう

だから私はよく使うようになりました。

 

 

 

素敵なパートナーと出会いたいときは

このように使います

 

「わたしはとっても素敵な男性と出会って

あっという間に大きな愛にくるまれることを意図します」

 

家族との調和を願うためには

自分が家族に対してどのようにアプローチできるか

組み込んで意図をする。

 

「私は家族が本音で健やかに

尊重しあえる関係になれるよう

全力でサポートすることを意図します」

 

「私は夫が今のプロジェクトを成功させるために

彼が家で癒されるように安心の場を提供できる

自分であることを意図します」

なんて風にパートナーの仕事の成功を祈る人は書いてみてもいい。

 

 

 

大切な人の願いを叶えたかったら

自分がそれに対してどんなふうに関われるのかを

願っていくといいのだそうです。

 

 

 

また獅子座は潜在意識とのかかわりが深い天体なそうなので、

書くという行為は何よりもダイレクトに潜在意識にアタッチできる。

 

 

 新月のパワーウィッシュ

おためしあれ(*^_^*)

星と共に自分らしく

自分らしく生きるということは

自分個人で生きることに着目するようで

周りとのかかわりの中で生きることです

 

周りとの関わりというと

周りの人を思い浮かべますが

それよりもっと大きな大きな目線をもつと

わたしたちは地球に生きていて、

その地球は宇宙にあります

 

私たちは地球上に存在している以上

誰もが必ず例外なく

天体の動きによるを影響受けています

実は、ね( *´艸`)

 

 

例えば

女性の出産と月の満ち欠けは関係しているそうだし

そういえば5月に行われた米朝首脳会談

あの日はトランプさんにとって交渉ごとに強い

天体の動きの日だったそうで

トランプさんにはお抱えの占星術師がいると

もっぱらのうわさです

 

 

そんな風に星の動きは

人間の生命の働きだったり

運や勢いに作用する力を持っています。

そう言った星の動きを

読み解く人たちが

占星術師だったり

占い師だったりなんですが

この星を読むことが

私たちでもできるってこと。

 

それもよくある暗記型ではなく

自分で体感しながら楽しく

本当に星の動きによる

自身への干渉を感じることを

鍛えられるから

星詠みの講座は面白いです

 

 

 

今日は

「水星」の役割を学びました

 

水星の役割は

知識、思考、連絡、神経、回路、メッセージ

 

 

これらのことから

水星といえばどんなものか?を

連想していくワークが組み込まれています。

 

体感で星を感じるって本当に楽しい

水星ってどんなイメージだろうか?

 

 

・・・・・

 

水星は

iPhoneかしら。

色はブラック

静かに側にいる、なくてはならないけれど

使いこなせるかどうかは自分次第

 

 

少し硬質

神経質で賢くスマートさの象徴

ネイビーのスーツをきっちり着た

メタルフレームの細身の30代男性

置き手紙でったり買い物リストのメモのような

柔らかさも持っているかもしれない

仕事はできるが少し自分勝手

自分の目的に忠実

まっすぐ進む

 

 

 

・・・・・・・

 

 

水星について

思いをはせ派のは初めてかもしれない

 

イメージ力は

アウトプットでどんどん広がる

 

自分らしく生きる*美しさは容姿ではなく…

自分らしく生きるために

自分の内観を整えることで

スムーズに生きることを

星詠みの講座を通して実践しています。 

 

周りの人が気になったり

環境の変化や外的要因で

ささくれだってしまう繊細さも

周りに振り回されない

自分らしさを確立させて

気にならなくなりました。

 

 

今日の講座は

「こころが綺麗だと起きる3つのこと」

 

前回は瞑想を通して自分をクリアにしたことで

引きこもりの息子との関係が

劇的に良くなった主婦の話を知りました。

 

 

瞑想を通して

自分らしさを取り戻すことで

心がきれいになると良いことが起きます

 

 先日の主婦さんのことで言うt

瞑想を通して息子さんとの関係が良くなったばかりか

お友達などからも食事などに声をかけられるようになました。

不安や恐ればかりのことを考えていたのが

瞑想をとおして本来の自分らしさを取り戻して

人が集まりたい人柄の人間に変わったんですね。

 

 

そもそも

「自分らしさ」とは

人がみんな持っているものだけれど

成長過程の中で不安や恐れ

挫折や劣等感など本来なかったものが

自分に付随していくことなんだと思います。

 

そういった不純物が

自分を見失わせたり

周りへの恐怖心になったりして

周りを気にしてびくびくするようになってしまったり

うまく関われなくなってしまうんですね

 

 

そういった不純物を取り払うことが

瞑想によって得られるクリアリングです。

 

それは「こころの純度を高める」と

講座の中で表現されていますが

良い影響はとどまることを知りません。

 

美しい人っていますよね。

 

 

美しい人ってどうすればわかるのでしょうか?

 

目が大きければ美しい?

肌が白ければ美しい?

 

そうではないですよね

肌が白くても

般若の面は美しいというより恐ろしいですし

真っ黒に日に焼けた美しさもあります

 

美しい人と言われる人や

魅力的だと思われる人は

心の純度が高く、

その純度の美しさが

外見に出てきて形ではない魅力として

周りの人に伝わっていきます

 

 

容姿に関わらずきれいな人はいるし

外見に関わらず人が

 「なんかいいな」と思う人は

心の美しさを自分で保っているんですね。

 

今の社会で

美醜への強いこだわりは広がっていますし

テレビなどであれだけいつも

選ばれた美しい人を見ていると

自分の外見に劣等感や平凡感を

感じている人は多くなってしまいますが

 

自分の外見に自信がない人ほど

心の純度による美しさに

着目して欲しいし

そっちの魅力のほうが

何倍も人を惹きつけるのだと

講師の森野さんは語ります

 

 

生まれ持った容姿って

すごく自分に自信になったり

自分を不幸にしたり

ってあると思うのだけれど

わたしは自分の持った容姿の中で

綺麗を楽しんだり、おしゃれしたりしたいって思います。

 

不思議なことに

自分がクリアな気持ちになっているときは

自然と化粧に力が入ったり、おしゃれしようと思う

 

そうすると

純度が高い人はますます美しさに

意識を向けていって美しさを感じさせる姿に

なるんじゃないだろうか

 

 

逆に

どんなに美人でも近寄りたくない

黒いオーラを持っている人とかもいるし、

自分の気分が落ち込んでいるときに

明るい服を着たり綺麗に化粧したり

できない。

 

 

そうして

心の純度と美しさの相関性は

外見だけでなく意識のレベルまで作用して

近寄りたい魅力的な人間を創っていくんだと

今日も納得

 

 

 

 

暑い日が続いてます。

また関東地方には台風も。

気をつけてお過ごしください

 

 

今日も良い日を

ありあとうございました(*^_^*)

自分自身をクリアにすると人間関係もスムーズに

 

 森野さんの提供する

星詠みの講座を受講し始めました

 

自分の内側に想いを馳せて

注意深く内観し、

星との自分のかかわりを読み解いて

外に影響を広げることを

この講座を通して

学んでいこうと思います。

 

 

今日の学びの中ではとある母子のエピソードが。

 

~~息子が引きこもる主婦の話~~

引きこもりニートの息子を

 母親が心配して、悩みの種としていました。

息子は母の心配を邪険にし、

ろくに話すこともない。

 

 

でも息子さんは

一度社会に出て傷つき羽を休めている最中だと気づきます。

羽を休めている回復時間のはずなのに

家で母が「どうすんの?!」など

「世間様に申し訳ない!」など言ったら

また傷つく。

そうしてまた飛ぶための時間が長くかかってしまう。

そういうことに母親は気づきました。

 

母親は息子の心配をやめて

瞑想やクリアリングのワークに取り組むようになりました。

母は自分に集中することで

抱いていた息子に対しての不安や恐れが

浄化されていきました。

 

 

そうしたら

母親の持つ内面のギスギスしたエネルギーから

澄んだエネルギーに変わったことが

周りの人間に変化を起こしました。

 

 

 

息子がなんでもないときに

「買い物行くなら車で送っていくよ」

なんて歩み寄りが生まれるようになりました。

 

そうして二人は徐々に空いた距離を縮めていったのだそう。

 

 

 

以上が

息子が引きこもる主婦の話でした。

 

 

 

これはものすご~くわかる!って感じです。

 

まず、自分がクリアになることで

相手が変わったり自分に寄ってくる人間が変わるってこと。

 

私の父は、「おはよう」も返事しないし

「ありがとう」の言葉を聞いたことがないほど

ちょっとどうなの?ということばかりの

モラハラな父でしたが

 

自分が父親への不満を持つことをやめて

とにかく自分をクリアにすることや

自分が不満を持つもの不快なものに

焦点を当てないように取り組みました。

 

それに父親を

モラハラなしょうもない奴として扱うのをやめて

自分が愉快な時は話しかけるし、

そうでないときは特に関わらない

そんなスタンスを徹底しました。

 

 

そうしたら

彼自身に働きかけたことよりも

もっと多くの変化が父親に生じた。

 

おはようが返ってきたり、

ごちそうさまを言ったり

お皿を自分で片づけたり。

 

(列挙するのも恥ずかしいほど

人として基本的なことと思うかもしれないですが

それが普通じゃなかったのが今まででした)

 

 

自分が変われば

相手が勝手に変わってくれるという

証拠を実践の中で感じた時でした。

 

だからこの

息子が引きこもる主婦のお話は

不思議なことじゃないし、

どういうメカニズムでそういう変化になるのか

森野さんがしっかり説明してくれて

すごく納得しました。

 

これが使いこなせたら

人間関係のプロになって

関わりたい人とだけ関われるようになれる、っていうのは

とても自然に心地よくできるだろうなって。

 

出会いたい人と出会う、

これも容易になるでしょう。

 

自分が無理して

誰かに合わせることなく

自分自身を生きる、自分らしさを取り戻して

その中で愛されて大事にされて

とても楽しく過ごせる人との関わりができるのは

自分がクリアになって

内面の重いものが取り払われているときだって

よくわかりました。

 

今日も良い学びです。

 

 

 

 

 

熱風をかき混ぜるように

扇風機が回転を続ける。

 

 

うだるような暑さ、とよく言うが

 

ところで

うだるとはどういう意味だろう?

 

 

 

今日も良い日を、ありがとうございました